ED治療薬シアリス

ED治療薬シアリス・インド

ED治療薬シアリス・インド

日本ではジェネリック薬の普及が欧米諸国に比べて、だいぶ遅れているようですね。

 

政府も、財政再建の目玉として社会保険料の抑制を掲げていますが、その中でも少子高齢化に伴う医療費の伸びをいかに抑えるかが、危急の課題になっています。

 

その流れの中で、厚生労働省は平成30年3月末までに、ジェネリック薬品の数量シェアを60%以上にするという目標を掲げ、ジェネリック薬品の使用促進のための施策に積極的に取り組んでいます

 

ジェネリック薬の数量シェアは、日本が39.9%(平成23年9月の薬価調査に基づく集計値)なのに対して、欧米では、新薬の特許が満了した1ヶ月後には、市場の約80%がジェネリック医薬品に切り替わる薬もあるほど普及が進んで売るんです。

 

ちなみに、欧米諸国のジェネリック医薬品の使用率は、アメリカ91%、ドイツ82%、イギリス73%、フランス62%(2010年・数量ベース)と、60%を越える使用率となっています。

 

欧米で使用されているジェネリック薬の製造元で、かなりの部分を占めている国がインドなんですね。

 

世界の医薬品市場におけるインド製薬産業のシェアは、金額で世界13位の1.0%、数量で第4 位の8%を占めています。

 

インドの医薬品は、人件費などの製造コストが欧米などと比較すると半分以下と非常に低いんですね。

 

さらに、インド国内で医薬品製造に係わる企業数は2 万社以上もあるため、必然的に科学を学ぶ学生も沢山いて、開発製造のレベルが高くなるんです。

 

「国境なき医師団」ではインド製のジェネリック薬の使用率は80%以上あるとも言われ、インド製のジェネリック薬無しには活動する事さえできない状況なんです。

 

アフリカなどの貧しい国々でも、エイズ治療で使用する薬の84%がインド製のジェネリック薬であり、国の医療制度の根幹がインドのジェネリック薬で支えられている現実があるんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ