ED治療薬シアリス

ED治療薬シアリス副作用

ED治療薬シアリス副作用

ED治療薬シアリスの副作用は穏やかなものですが、いくつか症状が報告されています。

 

「気分が悪くなる」「頭痛」「顔が赤くなる(ほてり)」「消化不良」などです。

 

また、光に敏感になる、色が変化してみえるなど、一時的に目に影響の現れる方もいます。

 

最も多い「顔のほてり」ですが、シアリスは、他のED治療薬と同じで、血管拡張作用によって、勃起を促す仕組みになっています。

 

つまり、隅々の血管まで十分に血液を送る事で、その作用の1つとして勃起もあるという事なんです。

 

なので、毛細血管が多く走っている部分は赤く腫れ気味になります。

 

その作用のため、顔の火照り、鼻づまり、体の中が暖かくなる感じ、などの効果がでて、、副作用と言う事になります。

 

このような原理を理解していたら、症状が出る事はごく自然で、症状が出る事によって、シアリスが効いている事が確認できるんです。

 

体はすぐに順応してきますので、これらの症状は一時的なものと考えて下さい。

 

シアリスで、気になる副作用としては、頭痛と動悸があります。

 

医師の中には、我慢できないような頭痛の場合には鎮痛剤を併用してくださいなどと指導する医師もいますが、鎮痛剤を服用しながらシアリスを飲むよりも、他のED治療薬、バイアグラ、レビトラなどに変更することも一つの方法です。

 

動悸もやはり気になって、とてもセックスなどしている気分にはなりませんので、薬の変更も対処方法になります。

 

実際の状況を調べてみますと、シアリスの「ニセモノ」を買ったために、有効成分以外の添加物が正規品の物と違うのが原因で頭痛などになってしまっている人が多い様です。

 

「正規品」のシアリスを使用した場合には、このような酷い頭痛になる事はめったになく、シアリスの「ニセモノ」を買ったために、有効成分以外の添加物が純正の物と違うのが原因で頭痛などになってしまっている人が多いんですね。

 

副作用を防止する面からも、「正規品」を扱っている個人輸入代行業者の選択が大事だと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ